Traders Meeting

相場を攻略し 豊かな人生を歩みましょう!

Traders Meeting イメージ画像
official Mail Magazineはこちらからご登録ください
⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aUEvylTfu

更新情報

2020年10月23日以下、日経225先物CFD1分足です。以下は15分足です。ダイアゴナル継続で上昇するシナリオです。下向きは10月9日ですでにピークアウトしているカウントになります。短期的にはこの下落がどこまでか?ということになりますね。プロファイル上は23460で一旦抵抗す
『2020年10月23日 日経225先物 今朝の状況』の画像

先ほどのNYダウ1分足のカウントは破綻しました。

こんにち、吉田です。10月1日開催のオンラインセミナーでWith コロナ から ignore コロナ(コロナ無視)へ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~という話しをしました。経済を重視してコロナは無視なのですから、以下のようにクラスターが起こることは政府も自

難解と言われるエリオット波動を楽しく簡単に身につけよう!という企画です。間違えたエリオット波動を身につけてしまうと大変なことになりますので、正しいルールとガイドラインを着実に習得して行きましょう。第4回目 フラット1 にほんブログ村 
『エリオット波動の説明 第4回目 フラット』の画像

難解と言われるエリオット波動を楽しく簡単に身につけよう!という企画です。間違えたエリオット波動を身につけてしまうと大変なことになりますので、正しいルールとガイドラインを着実に習得して行きましょう。第3回目 ジグザク1 にほんブログ村 
『エリオット波動の説明 第3回目 ジグザク』の画像

エリオット波動原理 第一回目の動画です。初回はエリオット波動原理の概要について説明しています。エリオットさんがエリオット波動を発見したのは、ちょうど世界大恐慌へと向かう1929年の米国株式の大暴落前後でした。その大暴落の前に米国の株式市場はバブル的な上げ相場
『吉田裕章のエリオット波動原理 第一回』の画像

先ほど以下のチャートを掲載しました。チャート1以下のチャートはその後の1分足です。フィボナッチが2つ書いてあるのは分かりますか? チャート2ここでは単純に戻りの%を見るために使用しています。bから1までの下落に対して、2へ向けての上昇がいまどのくらい進んだか?を
『日経225先物、エリオット波動カウントで、もう一回り小さなリトレースを見てみる』の画像

以下のカウントをメインとれすば現在、黄色bからcが始まっていて、そのcの1が終わり2を作りに行っている?という見方になります。その場合、以下のように2の上昇が1のどのくらいリトレースするか?を見て行きますよね?それがいま38.2%まで来た感じです。かなり強引なダイア
『ダイアゴナルの2波か?それなら1波に対するリトレースは?』の画像

日経225先物、エリオット波動カウント、オーソドックスな4時間足のカウントの一例です。以下は15分足です。現在、上記のピンクX波を形成中というシナリオです。5波動はすべてダイアゴナルで書いていますが、こんなにダイアゴナルばかりは出ないでしょうね。エリオット波動原
『エリオット波動カウント、日経225先物、4時間足と15分足』の画像

先週FRBは実質的な金融緩和強化の方向性を出しましたが 議会は経済対策については民主党と協議が決裂。新たな経済対策については来週策定の方向なので地合いの変化には要注意でしょうか?さて、カウントですがコロナ安値から6月冒頭までの上昇をダブルジグザグ(これをW波)6
『2020年9月1日 日経225先物 エリオット波動分析』の画像

中長期は以下は4時間足 上の黄色い線の方で見ています。以下短期になります。ピンクで書いているX波が完成していれば↓完成していなければピンクのXはもう少し右にずれて↓もあると思います。以下は小さな戻りをフラットで書いています。それが水色X波のB波またはX波という
『エリオット波動カウント 日経平均株価 2020年8月31日 15時5分』の画像

日経平均株価の長期のカウントは本日現在、以下をメインにしています。2018年1月から拡大トライアングルを形成中。全体としては以下のカウントで、Vの高値から下向きにジグザグ、フラットと出て、現在拡大トライアングル形成中。というものです。ここからは上のチャートの黄
『エリオット波動で見る日経平均株価の長期メインシナリオ(2020年8月31日時点)』の画像

安倍総理辞任のニュースが先週のマーケットを大きく動かしましたね。ただ、これは先週書いた通りなので、事前に心の準備は出来ていたはず。 さて、自民党は党員投票を見送って両院議員総会で党総裁を選出する方向。との報道ですね。これは総理辞任の第一報の時に(NHK)次期
『次期総理は菅氏で決まり?政策に変更はなく、日銀は金融緩和継続へ』の画像

順不同ですが、カウントをいくつか・・・  日足1 これは2018年1月高値から拡大トライアングル形成中のシナリオです。  週足1 2018年10月高値から現在フラットB波形成中で、そのフラットがW波になって、全体としてはダブルスリーを形成するシナリオです。もちろんY波が
『エリオット波動から見る日経平均株価 安倍総理辞任後のマーケットはどうなるのか?』の画像

2020年8月28日 11時頃昨日はパウエル米FRB議長から重要な発表がありました。https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-27/QFQ4IWT0AFB401?srnd=cojp-v2ひとことで言うと、期間平均で2%のインフレ率を目指す。というもので、物価上昇は多少オーバーシュートしても
『FRBの新たな金融政策で低下するNT倍率の継続性について』の画像

波動カウントは様々な見方がありますが、前の記事から特段の変更はありません(打診売り継続中)さて、安倍総理の体調が懸念されていますね。先日は慶応義塾大学病院で7時間のメディカルチェック。すでに「ガン」が見つかった。との観測も流れていて「今後に万全を期すための

今朝の上昇で日経平均先物は、ほぼチャネル上限まで到達しました。1分足のカウントは以下のように暫定的に行っていますので、打診売りは入れてもバチの当たらないところでした。現在、本日の寄り23150円まで押し戻されて来ています。ただ、ナスダックの暫定カウントはまだ上
『日経平均先物は、早くもチャネル上限にほぼ到達。一方ナスダックのカウントは?』の画像

順調すぎるほどにチャネル上限へ向けての上昇が継続していますね!これでCFDは6月の高値を更新して来ました。そうなりますと、可能性として以下のようなシナリオまで可能になって来ます。あくまで可能性です。先ほど発表された、米7月のCPI、コアCPIはともに市場予想を超える
『米CPIは上昇、米金利上昇をものともせず、株式市場はバブル継続?』の画像

米金利が上昇してゴールドが下落、ドルが上昇。銀行中心にバリューが上げてグロースは厳しくNTは急落ですね。さて、上記はダブルジグザグで上昇して、あまり意味のない?チャネル上限に向けて上昇する方向のカウントです。ガイドライン的にはあまり意味がないものの、このチ
『米金利が上昇してゴールドが下落、ドルが上昇。ナスダックのカウントは?』の画像

一昨日、旧友と富士レイクサイドCCに行きました。↑ は同CCの練習場から見える富士山です。スコアは別として、この富士山の麓で気の置けない仲間とゴルフをして、汗をかき、食事をして、美味しい水を飲めば、リフレッシュできない道理がありません!最高の一日でした。さて
『問題が解決できず暗礁に乗り上げてしまったら?』の画像

13時15分現在の日経225先物は以下のように動いています。(CFD)ひとつ前の記事で書いた2つのシナリオは、以下が正解だったようですね。「もう一つは水色(Y)までをW波として、続くX波が水色(Y)から下向きに進行中。または完成。というものです」ではここからどのような展
『ダブルジグザグで上昇中の方でした?』の画像

毎日暑いですね!かき氷が美味しい季節なので、今日は上のかき氷を食べました。先日は上高地の天然氷で作ったかき氷を食べたのですが、今日のとあまり違いは分からなかったです。(今日のは普通の氷)バカ舌には氷は氷。削り方さえ良ければすごく美味しいです。(^^)/さて、前
『それなりの調整の正体は?リーディングダイアゴナルなのか?』の画像

9時45分現在の日経平均先物CFDは以下のように動いています。日足です。7月17日の記事に以下の2つのチャートを提示しました。7月17日寄り前http://nk225yoshida.livedoor.blog/archives/6452026.html(上記チャートの作成日は7月10日)2つ目が↓この2つ目のチャートは現在以下
『日経平均先物CFD、エリオット波動分析、戻りなのか?』の画像

先ほど買いはbで、としたbが左に移動した可能性あり?これを見てあー使えないなーと思うかも知れませんし、買えなかったのは負けではないのでいいんじゃない?と思うかも???ですし浅めのリトレースで高値更新して来たらからちょっと買い目線強めてみよかなーと思うのもい
『日経平均先物(CFD)エリオット波動カウント超短期1分足』の画像

以下を追いかけて来ましたここからいくつかのカウントを貼っておきますね。底打ちも警戒のカウントえ?マジで?まだ3波から4波ここからリトレース率50%で見ると押し目買いはbを待って、安値の下にストップを置くとリスクリワードが少し期待できるかもしれません。ただ、一番
『2020年7月31日、ナイトセッション前、日経平均先物をエリオット波動でカウントしてみると。(短期)』の画像

昨日ドル円について書きましたが、ラッキー(?)なことに、その後急落の展開になっています。10時43分現在104.332円付近5分足です↓
『ドル円 104.332円』の画像

以下のチャートは本年5月頃に作成したものです。ⅰは、2018年10月の高値から下落したクリスマス安値ですね。そこから本年のコロナ前高値まで上昇してⅱが完成。そしてⅲがコロナ暴落の安値。そのコロナ暴落の安値から反転して来た時に書いたのが上記のチャートです。下値ⅰと
『本年5月に作成した大きな5波動の下落』の画像

日経平均先物(CFD)は、ここまで想定通りの下落波動を描いています。いや、しかし、短期では戻りがないので、細かい部分ではぜんぜんダメですね(^^;ただ、「下がりそう」という方向性だけが当たった。という結果論に過ぎませんので、まだまだ力量不足です。本当は下げて嬉し
『日経平均先物(CFD)の深堀りはどこまで?』の画像

7月14日にUPした以下のカウントを追いかけています。記事はこちらhttp://nk225yoshida.livedoor.blog/archives/6432148.html現状は以下のように動いています。30分足3分足波形は進行を見ながらになりますので、あくまでも現時点のイメージです。
『日経は弱いですね。』の画像

18時30分現在以下のように進行しています。左にある3つの緑の〇よりも、右側の2つのピンクの〇の方が重要です。いまのところ上昇の勢いは大して感じられませんが、ここが重ならないのは悪いことではありません。そういうことを一つ一つ確認して考えながらトレードすると自ず
『エリオット波動は最強か?』の画像

以下17時32分の書き込み後、順調に上に抜けてくたと思ったらhttp://nk225yoshida.livedoor.blog/archives/6496464.html以下の〇が重なる横ライン(ホリゾンタルライン)で押し戻されたように見えますね。エリオット波動で見ると、ホリゾンタルラインが効く時と効かない時、効
『ホリゾンタルラインで反転』の画像

あと200円ほど上げてくれたら嬉しいですが、、、そう簡単には行かないですよね。。。警戒しながら見て行きましょう。 
『2020年7月24日 17時32分』の画像

ここからの押しは買ってみようと思いますが、さてどうでしょうか?ちなみに日本は休日ですが、CFDはガンガンに動いています。37度以上の熱が3日ほど出て、7月だけで5回以上都内に行ったので(あと持病もあるので)本日PCR検査を受けました。結果は即日判明して陰性。そうとわ
『2020年7月24日17時18分』の画像

すみません。。。今日は↓にいくつか書いています。https://ameblo.jp/tra225/

11時10分現在の板は以下のように動いています。上記の通り、TOPIXが1577、日経が22835付近です。TOPIXの寄りは 1580.5ポイントなので、現在 -3.5ポイント日経の寄りは 22800円なので、現在+35円ほど。TOPIXを売って、日経を買っていたら両方利益になっていますね。http://
『20200721 1140 NTの推移』の画像

今日はN買いT売りで入りました。TOPIX先物寄り 1580.5ポイント 売り 1単位日経225mini寄り 22800円 買い 7単位を1セットです。ちなみに1セットで 15805000円 売り 22800X7X100=15960000円 買いこんな感じのバランスになってます。これを複数セット建てる感じです
『NTサヤトリ』の画像

現状以下のように動いています。ぜんぜんピタリとは行きませんが、個人的にはこの程度イメージ通りに進んでくれれば、もう十分です。(^^;ありがとうございました。
『12時30分』の画像

7時~の動きは上に出て来ましたので、以下X波が終わっていないパターンも考えておきます。が、、、こんなに下げる気がしないので、もっと黄色Xは上に大きく出て来るかもしれません。X波を事前に決めつけるという行為はなかなか無謀なのかもしれません。。。(^^;
『20200720 7時25分』の画像

たくさんの拍手をありがとうございます。(^^)/何らか少しは役に立てていることがあればいいのですが。。。ぜんぜんわかんねーよ。なんて方もいるのかもしれませんが、気にせず質問とかあれば書き込んで下さいね。さて、前の記事でUPしたY波のY波は完成しないまま週末の取引が
『週明けの動きを考えてみる』の画像

↑このページのトップヘ