2月16日14時30分に強い売りが出て日経225先物は30720円から約30分強で400円ほどの急落を演じました。その時の15分足がこれ↓
20210302

当日の米10年債利回りは、朝方GAPUPして寄り付いた後、日中は以下の四角部分の通り下落傾向で、14時半~の急落は意表を突かれた感覚を覚えた方も多かったのではないでしょうか?
米金利2月16日

結果的に30720円をTOPにして、この急落が出てから調整が継続しています。
以下、11時25分時点の30分足(CFD)です。
030230m

この間の大きなトピックとしては(何度も書いていますが)
18日に日銀がETF買い入れを見送ったことがあげられます。

従来、前行けのTOPIXが前日比-0.5%以上下落していると日銀は後場ETFの買い入れを実施して来ましたが、このルールを5年振りに修正。
18日に続き、その後も19日、24日と従来なら買い入れを行っていた水準までTOPIXが下落しても日銀は動きませんでした。
そして26日、この日は11時半時点のTOPIXが前日比-1.928%の下落となり、ここでは501億円の買い入れを実施したことから、従来の-0.5%⇒-1%に変更したのではないか?と見られます。

さて、16日に強い売りが出たこと。
18日に日銀の買い入れ姿勢の変化が顕在化したこと。
を受けてマーケットがどう動くか?を見て来ましたが、
30720円からの調整はまだ長引くのではないか?
場合によっては5000円幅位の大きな調整もあり得るのではないか?と
ワクワクしながら相場を見ています!
(いつものように紙くず覚悟のPUT買いを鬼ホールドです)

例えば以下のようなカウントなら下落の期待も高まりますね!
202103021

今朝は数値が買いだったので、久しぶりにドカンとやられて、途中から途転売り。
まだぜんぜん取り返せていないので、週末の利益を吐き出さないようにだけ
気を付けよーと思います。といいつつ、かなりイライラしています。笑



日経225先物ランキング

にほんブログ村 

先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村